タグ:Leica X1 ( 12 ) タグの人気記事
Fuji X100 Leica X1 Richo GXR vol.2
昨日の続きです。


c0219256_765360.jpg

Fuji X100 f8 1/230



c0219256_765712.jpg

Leica X1 f8 1/320



c0219256_77230.jpg

GXR A12 28mm f8 1/380



c0219256_7105149.jpg

Fuji X100 f11 1/170



c0219256_7105736.jpg

Leica X1 f11 1/320



c0219256_711437.jpg

GXR A12 28mm f11 1/310



次は、マクロモードです。
開放で、できる限りよりました。
これは、Fujiが優秀ですね。



c0219256_7143028.jpg

Fuji X100 f2 1/750



c0219256_715516.jpg

Leica X1 f2.8 1/800



c0219256_7151293.jpg

GXR A12 28mm f2.5 1/1000


皆さんのお好みはいかに?

私の感想を、

画像は、見て頂くとして使い勝手に関しては
Leica X1が、一番フィルムカメラに近い感じです。
絞りとシャッター速度を決めれば、あとは撮るだけ。
GXRは、現代のデジタル一眼に近い操作性。
ダイヤルと液晶画面での設定がほとんどです。
カスタム設定の使い勝手が優秀です。
Fuji X100は、上記の2つをミックスした感じですが
ダイヤルでの操作性はいいが、細かい設定は慣れが必要でしょうか?
ただ、ハイブリッドファインダーは大変使いやすいです。
by swingphoto | 2011-03-29 07:28 | Camera | Trackback | Comments(22)
Fuji X100 Leica X1 Richo GXR vol.1
c0219256_952982.jpg




APS-C を用いた単焦点のカメラが、いつの間にか3台に、
ちょっと比較撮影を行いました。



c0219256_9521375.jpg




撮影は、すべてISO200固定、絞り優先撮影で、WBはオート、露出補正無しで行いました。
GXRは、GR LENZ A12 28mm f2.5 を用いました。
画像はあえてjpeg撮って出しです。



先ずは、いつものベンチから
露出がバラバラになってしまったので、マニュアルの方がよかったと反省。


c0219256_10361114.jpg

Fuji X100 f2 1/850



c0219256_10361696.jpg

Leica X1 f2.8 1/400



c0219256_10362177.jpg

GXR A12 28mm f2.5 1/1000



c0219256_10441987.jpg

Fujii X100 f5.6 1/300



c0219256_10442317.jpg

Leica X1 f5.6 1/640



c0219256_10442836.jpg

GXR A12 28mm f5.6 1/1050



次は、すべて開放で樹木を



c0219256_10471081.jpg

Fuji X100 f2 1/900



c0219256_10471296.jpg

Leica X1 f2.8 1/400



c0219256_10471765.jpg

GXR A12 28mm f2.5 1/850
ピント位置ずれたようです。



c0219256_9131568.jpg

GXR A12 28mm f2.5 1/1000
撮り直しました。


仕様をまとめると

FinePix X100
レンズ フジノン単焦点レンズ 6群8枚(非球面1枚)
焦点距離 f=23mm(35mmフィルム換算:約35mm相当) 開放F値F2
絞りF2~F16、1/3EVステップ(9枚羽根)
撮影可能範囲 標準 約80cm~∞ マクロ 約10cm~2.0m
撮像素子23.6mm×15.8mm(APS-Cサイズ)正方画素CMOS 原色フィルター採用
有効画素数1,230万画素
撮影感度ISO200~ISO6400(1/3EVステップ)(標準出力感度)、感度AUTO制御機能あり * ISO 100/12800は拡張モード
シャッタースピード1/4秒~1/4000秒*(Pモード時) 、30秒~1/4000秒*(全モードあわせて) 、バルブ(最長60分)*F8以上で1/4000可 F4以上で1/2000可 F2.8以下では1/1000が最速

Leica X1
レンズ ライカエルマリート f 2.8 / 24mm ASPH.、8枚6群構成、非球面レンズ1枚
焦点距離 f = 24mm(35mm判換算:36mm相当)
絞り f 2.8 / f 16.0(1/3EVステップ)
撮影範囲通常:60cm ~ ∞、マクロ撮影:30cm ~ ∞
イメージセンサー APS-CサイズCMOSセンサー、総画素1290万画素 原色フィルター
カメラ部有効画素数 1220万画素
ISO感度オート/100/200/400/800/1600/3200
シャッタースピード 30 ~ 1/2000秒

GXR
レンズ GR Lenz 6群9枚(非球面レンズ2枚2面)
焦点距離 18.3mm(焦点距離の35mm換算値28mm)
F値F2.5~F22(オート撮影モードではF22表示のとき絞りとNDフィルターを併用して露出制御)
撮影距離範囲約20cm~∞
撮像素子23.6×15.7mm CMOSセンサー(総画素数1290万画素)
カメラ部有効画素数約1230万画素
ISO感度(標準出力感度)AUTO/AUTO-HI/200/400/800/1600/3200
シャッタースピード静止画:1/3200~180秒※1 
by swingphoto | 2011-03-27 10:56 | Camera | Trackback | Comments(26)
Nature in America vol.25 Sedona Airportmesa


c0219256_22221121.jpg




c0219256_22221599.jpg




この頂上の風景には、癒されました。
by swingphoto | 2010-12-19 22:24 | America | Trackback | Comments(16)
Nature in America vol.24 Sedona Airportmesa
Sedonaの代表的なパワースポット
Airportmesaの頂上に登りました。
素晴らしい眺めです。



c0219256_8152731.jpg




c0219256_8154177.jpg



c0219256_8155136.jpg



c0219256_8154770.jpg

by swingphoto | 2010-12-16 08:17 | America | Trackback | Comments(22)
Nature in America vol.23 Sedona
Sedonaの郊外にあるEnchantment Resort and Mii amo Spaに滞在しました。



c0219256_7462781.jpg




Sedonaで最も強力なパワースポット・ボイントンキャニオンの中にホテルがあります。
全米でも屈指のリゾートホテルだそうです。



c0219256_7461924.jpg




このホテルでは、ゆっくり寛ぎドライブの疲れを取りました。



c0219256_7463045.jpg




c0219256_7584644.jpg



c0219256_7463485.jpg

by swingphoto | 2010-12-09 07:59 | America | Trackback | Comments(14)
Nature in America vol.15 Glen Canyon Lake Powel Resort with Leica X1
Glen Canyonには、大きなダムがあり川を塞き止めた人造湖ができています。
それが、Lake Powel です。
全長300km 全周3100kmの人造湖って、ちょっと日本人には想像できない規模です。



c0219256_7371259.jpg




要するに、Grand Canyon と同じ規模の渓谷を
ダムで塞き止めて潰してしまった、、、という
現在の自然保護の考え方からは、全く論外のことをしていたんですね。

今は、国立公園になりかつ、一大リゾート地になっております。



c0219256_7394088.jpg




c0219256_7394268.jpg




c0219256_7394671.jpg



どこに行っても、規模が違います。
by swingphoto | 2010-10-24 07:52 | America | Trackback | Comments(4)
Mini Photokina at Leica Ginza,M9 Titanium
c0219256_818749.jpg



Leica Ginza で行われたMini Photokinaに招待され伺ってきました。
主に、M9 Titaniumと他の新製品の説明とお披露目が行われました。


c0219256_8181574.jpg



ネット等の写真では、格好悪いなーとおもっておりましたが、
実物は中々のものです。
チタンの質感も素晴らしいですが、
採光窓を持たないレーザーを用いた新しいファインダーは、
びっくりするほどクリアーで素晴らしいものでした。
M型の未来を予感させるものでした。


c0219256_818858.jpg



もう一つの特徴が、ストラップだと思いますが、
これは、ちょっと、、、です。



c0219256_8181189.jpg

by swingphoto | 2010-10-19 08:26 | Camera | Trackback | Comments(18)
Nature in America vol.9 Monument Valley Twilight with Leica M9 & X1
c0219256_7262437.jpg

ISO400 f/3.4 1/30 LeicaM9


Grand Caynonから、300km位走ってMonument Valleyに到着です。
ちょうど、夕暮れ時でした。
何とも想像できない色が広がっています。
絞りを開けたのに、できるだけ広範囲にピントを合わせたいと考えたのが敗因か
あの薄暗さではこれが限界なのか、手ぶれなのか
画像のシャープさが足りないのが辛いです。



c0219256_7262959.jpg

ISO400 f/3.4 1/25 LeicaM9


もう少し近距離にあるこの写真の方がシャープですね。
全く人工の灯りがないようなところなので
月明かりが効いていますね。


ちょっと比較に、少し前の時間です、
撮影条件も違いますが、こっちも優秀です。


c0219256_8383972.jpg

ISO160 f/2.8 1/30 LeicaX1
by swingphoto | 2010-10-07 07:42 | America | Trackback | Comments(6)
Nature in America vol.4 Grand Canyon El Tovar Hotel with 5Dmk2
c0219256_8131337.jpg

EOS 5Dmk2 EF24-105mm F4L IS USM


宿泊したEl Tovar Hotel です。1905年創業の名門ホテル。
ホテルの前が、掲載した Grand Canyon の写真が撮れる展望台です。



c0219256_8132156.jpg

EOS 5Dmk2 EF24-105mm F4L IS USM


ノスタルジックなアメリカを感じるいいホテルでした。



c0219256_8131854.jpg

EOS 5Dmk2 EF24-105mm F4L IS USM


c0219256_8132360.jpg

EOS 5Dmk2 EF24-105mm F4L IS USM


日が昇ってしまうと、
Sunriseとは違い日が均等に当たるので平板な景色になります。
この写真は、X1で撮りましたが中々の描写力ですね。


c0219256_8133064.jpg

Leica X1
by swingphoto | 2010-10-02 08:21 | America | Trackback | Comments(8)
Hasselblad の誘惑
カメラはLeicaがメインであることには変わりないのですが、
ずっと欲しいカメラがありました。
今更、フィルムカメラでもないのですが、
気がつけば、

c0219256_159612.jpg


きっかけは、ネットで生年のSWCを見つけてしまったこと。

面白いですね。

スキャナーも手に入れたし、
フィルムでも撮っていこうと考えています。
by swingphoto | 2010-06-18 15:17 | Camera | Trackback | Comments(6)