カテゴリ:Camera( 49 )
Fuji X100 Leica X1 Richo GXR vol.1
c0219256_952982.jpg




APS-C を用いた単焦点のカメラが、いつの間にか3台に、
ちょっと比較撮影を行いました。



c0219256_9521375.jpg




撮影は、すべてISO200固定、絞り優先撮影で、WBはオート、露出補正無しで行いました。
GXRは、GR LENZ A12 28mm f2.5 を用いました。
画像はあえてjpeg撮って出しです。



先ずは、いつものベンチから
露出がバラバラになってしまったので、マニュアルの方がよかったと反省。


c0219256_10361114.jpg

Fuji X100 f2 1/850



c0219256_10361696.jpg

Leica X1 f2.8 1/400



c0219256_10362177.jpg

GXR A12 28mm f2.5 1/1000



c0219256_10441987.jpg

Fujii X100 f5.6 1/300



c0219256_10442317.jpg

Leica X1 f5.6 1/640



c0219256_10442836.jpg

GXR A12 28mm f5.6 1/1050



次は、すべて開放で樹木を



c0219256_10471081.jpg

Fuji X100 f2 1/900



c0219256_10471296.jpg

Leica X1 f2.8 1/400



c0219256_10471765.jpg

GXR A12 28mm f2.5 1/850
ピント位置ずれたようです。



c0219256_9131568.jpg

GXR A12 28mm f2.5 1/1000
撮り直しました。


仕様をまとめると

FinePix X100
レンズ フジノン単焦点レンズ 6群8枚(非球面1枚)
焦点距離 f=23mm(35mmフィルム換算:約35mm相当) 開放F値F2
絞りF2~F16、1/3EVステップ(9枚羽根)
撮影可能範囲 標準 約80cm~∞ マクロ 約10cm~2.0m
撮像素子23.6mm×15.8mm(APS-Cサイズ)正方画素CMOS 原色フィルター採用
有効画素数1,230万画素
撮影感度ISO200~ISO6400(1/3EVステップ)(標準出力感度)、感度AUTO制御機能あり * ISO 100/12800は拡張モード
シャッタースピード1/4秒~1/4000秒*(Pモード時) 、30秒~1/4000秒*(全モードあわせて) 、バルブ(最長60分)*F8以上で1/4000可 F4以上で1/2000可 F2.8以下では1/1000が最速

Leica X1
レンズ ライカエルマリート f 2.8 / 24mm ASPH.、8枚6群構成、非球面レンズ1枚
焦点距離 f = 24mm(35mm判換算:36mm相当)
絞り f 2.8 / f 16.0(1/3EVステップ)
撮影範囲通常:60cm ~ ∞、マクロ撮影:30cm ~ ∞
イメージセンサー APS-CサイズCMOSセンサー、総画素1290万画素 原色フィルター
カメラ部有効画素数 1220万画素
ISO感度オート/100/200/400/800/1600/3200
シャッタースピード 30 ~ 1/2000秒

GXR
レンズ GR Lenz 6群9枚(非球面レンズ2枚2面)
焦点距離 18.3mm(焦点距離の35mm換算値28mm)
F値F2.5~F22(オート撮影モードではF22表示のとき絞りとNDフィルターを併用して露出制御)
撮影距離範囲約20cm~∞
撮像素子23.6×15.7mm CMOSセンサー(総画素数1290万画素)
カメラ部有効画素数約1230万画素
ISO感度(標準出力感度)AUTO/AUTO-HI/200/400/800/1600/3200
シャッタースピード静止画:1/3200~180秒※1 
by swingphoto | 2011-03-27 10:56 | Camera | Trackback | Comments(26)
ベス単 フード外し vol.3 at Shinjuku Gyoen
c0219256_22323517.jpg




ベス単 フード外しの続きです。



c0219256_22323932.jpg




c0219256_22323683.jpg




ベス単の解説

1912年にイーストマン・コダック社は蛇腹を引き出して撮影するカメラを発売、蛇腹を格納すればポケットに入る大きさだったので「ヴェスト・ポケット・コダック」と名づけられました。画面サイズは「6×45センチ」で、以降はこのサイズを「ベスト判」と呼ぶようになりました。
1912年から15年間に約180万台作られた、世界で最初の蛇腹式カメラです。


c0219256_23384728.jpg




c0219256_23385085.jpg



 このカメラのメニスカス単玉は単純な1群2枚の構成で、シャープに写すためにフード絞りにより開放絞りを制限して球面収差が目立たないようにしていたのですが、日本では大正時代の末期にフード絞りを外したところ球面収差で幻想的な軟焦点描写が得られたことからソフトレンズとして他のカメラに移植して使われたりしたそうです。

そして、私の使っているのはペンタックスのヘリコイドに移植したもので
M42マウントのものをアダプターでEFマウントに変換して使っています。


c0219256_23414547.jpg


上のGXRと写っているのがフード付きの状態。
この写真がフードを外した状態

c0219256_23414395.jpg


c0219256_23414138.jpg


蛇腹を伸ばしてフードがついている状態


c0219256_23413650.jpg
c0219256_23413412.jpg

by swingphoto | 2011-01-08 23:51 | Camera | Trackback | Comments(10)
Mini Photokina at Leica Ginza,M9 Titanium
c0219256_818749.jpg



Leica Ginza で行われたMini Photokinaに招待され伺ってきました。
主に、M9 Titaniumと他の新製品の説明とお披露目が行われました。


c0219256_8181574.jpg



ネット等の写真では、格好悪いなーとおもっておりましたが、
実物は中々のものです。
チタンの質感も素晴らしいですが、
採光窓を持たないレーザーを用いた新しいファインダーは、
びっくりするほどクリアーで素晴らしいものでした。
M型の未来を予感させるものでした。


c0219256_818858.jpg



もう一つの特徴が、ストラップだと思いますが、
これは、ちょっと、、、です。



c0219256_8181189.jpg

by swingphoto | 2010-10-19 08:26 | Camera | Trackback | Comments(18)
Hasselblad の誘惑
カメラはLeicaがメインであることには変わりないのですが、
ずっと欲しいカメラがありました。
今更、フィルムカメラでもないのですが、
気がつけば、

c0219256_159612.jpg


きっかけは、ネットで生年のSWCを見つけてしまったこと。

面白いですね。

スキャナーも手に入れたし、
フィルムでも撮っていこうと考えています。
by swingphoto | 2010-06-18 15:17 | Camera | Trackback | Comments(6)
Leica X1 Elmarit 24mm f2.8 Asph その2
今日は、アクセサリーについて

Leicaからのファインダーやケース等はまだ未発売です。

必須の液晶保護用のフィルムですが、中々適当な物がありません。
カタログ上は2.7型ですが
寸法を測ると、59mm*47mm位です。
ざっとネットで探して近いのが、
エツミの3.0インチ用です。
サイズが、59.4mm*44.4mmで、幅はドンピシャ、
高さが2〜3mm足りませんが、使えるレベルではないでしょうか?

次に、ストラップは皮の良い物が付属していますが、
このカメラは、首に掛けるよりポッケに入れるタイプだと思っています。
そこで、280gの軽量を考えて
Leica C-lux2 用のストラップ(Leica純正で、1680円です)を
つけてみました。
ちょっと携帯用みたいで不安ではありますが、イケルかなと思ってます。


c0219256_21394450.jpg

Lumix GF1 Lumix G VARIO 14-45mm/F3.5-5

次に、acielmdさんが指摘されているDNGの露出ですが
やはり、Lightroomで並列してみると
約1段階くらいの差があるように思えます。

JPGでは、

c0219256_2149517.jpg


DNGを補正無しで現像すると

c0219256_21493736.jpg


これくらい差があります。


今日の、どんよりした朝の日差しでの写真です。

c0219256_21525578.jpg


c0219256_2153714.jpg



でも、解像度は満足です。
レンズも優秀。
by swingphoto | 2010-02-22 21:42 | Camera | Trackback | Comments(8)
Leica X1 Elmarit 24mm f2.8 Asph
Leica X1 昨日、お店にピックアップに行きました。
お店では、最初のお客だったので
お約束通り、シリアルナンバーの好きなのを選んで
M9と同じく初日にゲットです。

c0219256_1017297.jpg

Lumix GF1 Lumix G VARIO 14-45mm/F3.5-5


では、遠景から

朝の散歩で六本木ヒルズへ

c0219256_1032334.jpg



c0219256_10321484.jpg



c0219256_10351825.jpg


さすが、センサーが大きいだけあって
コンデジとは全く違うキレがありますね。


いつもの散歩コースのテストショット。
f2.8開放での撮影です。
絞り優先は、極めて使いやすいですね。
ただ、ダイヤルが回りやすいかな。


c0219256_10331544.jpg



レンズが、せめてf2ならいうことないのですが
惜しいところです。
うまくボケてくれませんね。


c0219256_10362012.jpg



c0219256_10364213.jpg



これでレンズ交換できれば最高ですね。

マクロモードでは
by swingphoto | 2010-02-21 10:47 | Camera | Trackback | Comments(20)
Leica R9 50mm f/2
c0219256_9215090.jpg


デジタルで写真を撮ればとるほど、
フィルムで撮る時との色んな違いを感じるようになりました。
スキャナーを持っていないので、
アップはほとんどしていませんが、
シャッター音やら、フィルムの匂いや、
現像が返ってくる時のドキドキや、
初めて出来上がりを見る喜びや。

フルサイズのデジタルの写りは、フィルムを越えてしまったように思いますし、
感度に至っては、全く違います。

でも、アナログのレコードと同じように
音は、デジタルではない。
というような議論も少なく、スムーズに移行したかのように思える
カメラ界ですが、フィルムを愛する人々もいることは確かです。

なんてことを考えながら、
生産中止になったLeica R型の新品を買う最後のチャンスと
昨年末、手を出してしまいました。

c0219256_929547.jpg



c0219256_9305055.jpg


今回のアップは、DPE店で デジタル化して頂いたものです。
比較するのは酷ですが、同じ画角に近い写真がありましたので
比較して下さい。

次の写真は、
Eos 5Dmk2 70-200mm f/4との比較です。

c0219256_9344348.jpg

by swingphoto | 2010-01-10 09:37 | Camera | Trackback | Comments(8)
GF1 に Noctilux f/0.95
マウント遊び

GF1に、Noctilux f/0/95をつけてみました。
スクエアフォーマットで
室内でのお遊びです。

c0219256_10485928.jpg


レンズが、明るいのでピントも楽そうですが、
約1mの至近は、シビアですね。

c0219256_10545535.jpg


カメラとレンズのバランスは、こんな感じです。


c0219256_1059083.jpg


100mmで、0.95なんてレンズは考えられないので
面白い組み合わせです。

EOS 5Dmk2 EF70-200mm f/4
by swingphoto | 2009-12-23 11:01 | Camera | Trackback | Comments(6)
Camer Virus
どうも、最近思いがつのったり、彼女のことを考えていると思ったら
かなり質の悪いvirusに感染してしまったらしい。
また一人彼女ができてしまった。
この彼女は、M子よりはお金はかからないらしいが、、、R子と友人で

c0219256_1832222.jpg

Lumix GF1 Lumix 20mm f1.7 Asph

Canon のカメラを買うのは生まれて初めてである。
M9でフルサイズの虜になってしまったので、
また望遠も使いたいと、5Dmk2にした。
レンズは、70-200mm f/4 IS USMにした。
フィルム時代は、Nikonだったので、何か浮気をしたような心持ちだ。
acielmdさんのサイトで、EOSのデジイチでRレンズをというアドバイスを
頂いたら、見事にvirusに感染してしまった。
以下は、Eosで撮ったファーストショット。

c0219256_18154284.jpg


それにしても、使いやすさという点では
非常に良く出来ていてびっくりした。
Canonのデジイチがよく売れるのがわかる気がする。
オートフォーカスも、それほど早くないとのことだったが
流石に、Degilux3やEP-1などと比べるとスピード感が違う。
手ぶれ補正もよく効いている。

c0219256_1819996.jpg


c0219256_18194796.jpg

by swingphoto | 2009-12-09 18:19 | Camera | Trackback | Comments(10)